【レザークラフト】本格二つ折り革財布を手作り!~部品、型紙編~

DIY・ハンドメイド
この記事は約2分で読めます。

前回に引き続き、今回はお店に売ってるくらい本格的な二つ折り財布を作るために

必要な部品と型紙を紹介します!

前回の道具・材料編は以下の記事です!まだ見ていない方もこちらもぜひ!

動画でも紹介させていただいているので、良ければこちらもご参考に^^

必要な部品

動画の方はこちら→部品紹介

上の画像が今回ご紹介させていただいている本格的二つ折り財布を作るうえで必要な部品の一覧です。

部品を作るために、まず一枚の本革から切り取っていく必要があります。

またそれをするためには型紙があると便利ですのでご紹介します!

型紙

グーグルドライブにて型紙の寸法を公開しています、ぜひご覧ください!

型紙を作る際は厚紙で作ると、切る際に使いやすいです。

その厚紙を切るのがまた大変ですが、革を切るのに便利なので手間を惜しまず、、!

革の裁断

前回の記事で紹介させていただいた、カッター大・小とカッティングマットを使って革を裁断していきます。

動画の方はこちら→革の裁断

カッティングマットの上に本革を敷く

型紙を合わせ、大きいカッターで直線部分を切る

型紙を革に合わせてズレないように強く手で押さえながら、大きいカッターで直線部分を切ります。

細かい部分を小さいカッターで切る

角などの、大きいカッターでは切りづらい部分は小さいカッターで切ります。

一つの部品を切り終わりました。
次の部品を切るときは、前の部品を切ったときにできた直線部分に合わせると無駄を減らせる。

部品を切り終えたら次は革の加工作業に入るわけですが、それはまた次回の記事でご紹介いたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました