【アクアリウム入門!】カージナルテトラの飼育方法

アクアリウム
この記事は約3分で読めます。

こんにちはしょうまるです。コロナ禍でステイホームの日々が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?昨今アクアリウムがとても流行しており、どの魚から始めたらいいのかどのような飼育設備が必要なのか気になっている方も多いと思います。
そこでこの記事ではカージナルテトラの飼育環境や特徴などまとめてみました。

しょうまる
しょうまる

何か熱帯魚を飼育してみたい方は

是非参考にしてみてください!

カージナルテトラの特徴と寿命

カージナルテトラの特徴

生息地:ネグロ川
体長:4cm
ネオンテトラによく似ているが腹部の赤色部分の大きさで区別できる。ネオンテトラは腹部の後方から尾柄部にかけて赤色であるが、カージナルテトラの場合はえら、腹部、尾柄など下半分の全体が赤く染まっている。その赤部分や鼻孔から脂ヒレ(尾ビレと背ビレの間にあるヒレ)まで一直線に走るブルーのラインがネオンテトラより濃くて美しく、ゴージャスである。

白点病にかかりやすい!

カージナルテトラの飼育は特に難しくはないが、白点病に弱い面があるので注意が必要だ。早期発見、早期治療が1番である。

カージナルテトラの寿命

カージナルテトラは比較的丈夫でとても元気な魚です。平均寿命は2~3年で、長生きする個体は4年を超えることもあります。

カージナルテトラの飼育方法と飼育設備

テトラ飼育に必要なものはアクアショップへ行かなくてもお近くのホームセンターでも十分揃います!

カージナルテトラの飼育設備

小型カラシンの飼育設備は下記の記事に詳しく説明しておりますので是非ご覧ください!

↓↓↓カージナルテトラの飼育設備記事↓↓↓

カージナルテトラの飼育方法

カージナルテトラの値段

値段はカージナルテトラの場合、1匹¥150〜¥200程度で販売されている所がほとんどです。それに対し、ネオンテトラは1匹¥100前後で販売されています。ネオンテトラよりカージナルテトラの方がやや高めな値段設定です。

カージナルテトラに適した水温と水質

カージナルテトラに適した水温は24〜28℃とされています。

水質ですがよくネットでは5.0〜7.0pHがいいと記載されていますが、私の飼育上弱酸性の6.0〜7.0pHにするとテトラの調子が良いです。

カージナルテトラと混泳できる魚

ネオンテトラ

カージナルテトラは性格が温厚で他の魚を追いかけたり喧嘩はしません。混成するならば同じ種類の小型カラシン(ネオンテトラ等)が良いです。ネオンテトラは群れて泳ぐのでカージナルテトラと一緒に泳いでくれます。

コリドラス・エビ

水槽お掃除役のコリドラスエビなども組み合わせバッチリです。水槽内のコケを食べてくれます

グッピー

ネオンテトラやカージナルテトラと混泳の際にグッピーの数が多すぎると縄張り争いが起きてしまうので気をつけましょう。

カージナルテトラと混泳できない魚

ディスカス・エンゼルフィッシュ

ディスカスやエンゼルフィッシュと混泳してしまうと縄張り争いが強いディスカスやエンゼルフィッシュがつついてしまい殺してしまいます。

肉食魚

もちろんの事、肉食魚と混泳するのはNGです!オスカーやアロワナなどと肉食魚がいますが絶対に同じ水槽には入れないでください。食べられてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はカージナルテトラの飼育方法混泳してもいい魚などをまとめてご紹介しました。ステイホームなので是非飼育を考えてみてはどうでしょうか。
初心者の方も玄人の方もオススメの個体です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
良いアクアリウムライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました